2012年08月03日

#25 ダイエット大作戦

やせよう!やせなくては!と心に誓ったのは数年前のこと。きっかけは40歳を過ぎてから年々増えるウエストのサイズに恐怖感を覚えたからです。お腹ポッコリ、おしりポッチャリになるとデニム姿が様になりません、鏡に映る己の姿にガマの油売りのガマ蛙ように汗がたらり、たらり。ついには患者さんからも『先生も太ったわね』と言われるようになりまして。

さてどうやって体重を落とすのか? 大学を卒業した頃は体重が55キロ程度でウエストはたったの70cm!デパートでズボンを探すのに苦労するくらいのガリガリでした。なので、太ろうと悩んだことはあっても痩せようなんて考えたことも有りませんでした。さあダイエット大作戦の始まりです。

IMG_3021.JPG

太った原因を考えてみました。夜遅く帰宅してからしっかり夕食を食べていたこと、日頃カロリーを考えずに食べたい物を食べたいときにガンガンたべたいたこと。運動不足であったこと。要するにカロリーの過剰摂取と消費不足、その差が脂肪になった訳で、その辺りをなんとかすれば解決することですが簡単なことではありません。

最初に試したのはキャベツダイエット、これは夕食の前に茹でたキャベツをどんぶり一杯食べるという方法。これは茹でキャベツの味にすぐ飽きてしまって1週間も続きませんでした(まるで昆虫になった気がした)。
次は一食分をダイエットプロテインに置き換えるという方法でしたが、『こんな宇宙食みたいなもので生きていけるか!』と感情的になって即挫折。
そして炭水化物カットするダイエット!短期的には減量効果が高いのですが、リバウンドがひどく、ひどい便秘にもなってすぐに断念しました。
その次が帰宅後の夜間のランニングでカロリーを消費しようと言う作戦でした。これは一時的には効果がありましたが、空腹感も強くなる為、食事量が増えることがあってプラスマイナス0って感じでしたね。

紆余曲折して思ったのは、一気に痩せようと言うのは無理ということ。必ずリバウンド時期がきて以前よりも体重が増えてしまうからです。そこで、基本に戻って作戦を練り直しました。コンセプトは『じっくり痩せよう』です。
@毎日決まった時間に体重計に乗ること
A外食は可能な限りやめて家からお弁当を持ってくること
B夕食は早い時間に食べるか、遅くなったときはシリアルで済ませること
C週2回はメガロス神奈川(近所のスポーツジム)に行く

この4項目を守るようにしたのです(できるだけですが)。つまり体重計に乗ることでモチベーションを維持しつつ、外食の脂肪分と縁を切り、夕食を早目に済ませることで血糖値が上昇したまま就寝しないことになり、さらに筋トレで基礎代謝を上昇させ消費エネルギー増加を図ること。(こんな風に書くとかっこいい!)
特に体重計に乗るのは必須ですね、必ず毎日乗りましょう。暴飲暴食の最大の抑止力になりますから。よく食事の内容をメモするだけで痩せるというのを聞きますが、それは食事内容を書き出すこと自体が神様に懺悔するようなもので、それもつまりは抑止力になるから有効な方法なのでしょう。

また、意外と思われるのは遅い夕食にシリアルを食べるということでしょうか。『夕食にシリアルかよ〜』と哀れむような声を出しているあなた、シリアルを馬鹿にしてはいけません。シリアルは食物繊維満載の栄養食品であることと、そして何よりも適度な噛みごたえがあって満足できることがメリットと思っています。ダイエットは一定の満足感がないと続きません。そして昔と違って今はシリアルの種類が豊富です。ぼくは平均3、4種類をブレンドして食べています。

IMG_0363.JPG

IMG_0368.JPG

それで実際どのくらい効果があったのかというと、ダイエットを決心した数年前が体重のピークでしたからそれから6〜7Kg減です。ま、年間2Kg程度の『なんとなく痩せてきた?』というペースですかね。しかしメガロス神奈川にも真面目に行っているので筋肉がついた分は比重が重くなっているので恐らく数字以上のダイエット効果であったろうと、ひいき目に評価している次第です。体調も絶好調で病気をしにくくなった気がします。

とにかくダイエットは継続が基本、ゆっくりでもリバウンドなしで続けられればそれでいいと思っています。



インプラント・矯正歯科のご相談は…
入江歯科クリニックホームページ:http://www.irieshika.com/
posted by S.Shimizu at 21:25| 院長ブログ