2015年10月20日

#31 ジャイアントキリング

先日のラグビーワールドカップでのオールジャパンの活躍はまさに歴史的でした。いつのまにかあんなにも日本は強くなっていたのですね。まさか南アフリカに勝ってしまうなんて!あの夜、どうせ最初だけ善戦しても南アフリカにワントライでも許せば、あとはガタガタっと堰を切ったみたいにボロ負けするのだろうと思って冷やかし半分でテレビをつけて見始めました。ところが予想に反しての逆転また逆転の手に汗握る展開。ノドもカラカラに乾くほど興奮してテレビ画面に釘付けでした。
屈強な外人選手相手に二人掛かりでタックルに行く日本選手たち、選手の数は敵も同数なのだから、もの凄いスタミナが必要なはずです。相当に走り込んでいるんだろうな。押し負けないスクラムに、まさかのドライビングモールでのトライに、これまでなかった日本ラグビーの大きな変化を感じました。
この南アフリカ戦は世間ではジャイアントキリング(大物食い、大番狂わせ)と言われていますが、日本選手たちにとっては当然の結果だったのかもしれません。個々がやるべきことをきちんと実行すれば勝てると信じていたのでしょう。だからあの土壇場の場面でキャプテンのリーチ選手はトライを選択したのですね。メンタル面もたくましくなったなと感動しました。
その後、スコットランド戦は死闘の南ア戦から中三日しかなかったのですから敗戦もやむなしとして、サモア戦 アメリカ戦はプラン通りの展開で快勝しました。こうしてみると、だめだ、弱いと言われてきた日本ラグビーに一番欠けていたものは自信だったような気がしてなりません。エディジョーンズHCは 努力=自信 という日本人独特の気質をうまく導きだしてくれたのですね。ラグビーを通して多くの日本人に勇気をくれた彼には感謝しなくていけません。

DSC_0490.JPG
 
何を隠そうラグビーのワールカップをこのようにまともに観戦するのは初めてのことです。僕もまた巷のにわかラグビーファンと言われても仕方ありませんがね。で、気がついたこととして、まず試合前の国歌のときの選手たちの感極まった表情に感動しました。中には涙を流す選手もいて。あんな厳粛な雰囲気って最近はサッカーや野球では見られなくなった気がします。文字通り夢の舞台なのですね、負けて去るときには帰りにグランドの芝を少しむしり取って持ち帰る選手もいるのだろうか。

大昔、新日鉄釜石や神戸製鋼が7連覇した頃まではラグビーはすごい人気でした。僕の高校の体育の授業では雪が積もるとラグビーをやっていたくらいですから。大学でも筋肉ムキムキのラガーマンが女子に随分もてていた時代があったのです。しかし大学ラグビーが衰退して社会人との実力差がお話しにならないレベルになって以来、時代はラグビーからJリーグサッカーのような格好よさに流れていきました。いつの間にかテレビでも取り上げられる機会も減り、絶滅危惧種だったラグビーですがこれで、再び魅力を見直され、息を吹き返すことでしょう。


インプラント・矯正歯科のご相談は…
入江歯科クリニックホームページ:http://www.irieshika.com/
posted by S.Shimizu at 23:16| 院長ブログ