2013年05月10日

#28 『あまちゃん』 見てますか?

この4月からスタートしたNHK朝の連ドラ『あまちゃん』が面白くて楽しみで、朝7時半からのBSで見て、8時からの通常放送で見て、昼の再放送まで含めて日に3度見ることもあるほど。さて一体何が僕をそこまでさせるのか?

gazou412.jpg

第一に自分の出身地に比較的近いところが舞台(久慈市)である点です。そう、僕も岩手の三陸地方の出なので、望郷の念も加算されてドラマに対する思い入れが強くなるのであります。ご存知のように三陸は2年前の震災で大きな被害を被りました。現在、実在の北リアス線は一部不通になっているなど震災復興はまだまだの状況です。その岩手県沿岸に全国の関心を集めてくれそうなドラマ設定に感謝する気持ちでいっぱいです(がんばれ東北)。
 
事実、交通の便が悪いにもかかわらず、このGWにはかつてないほどの観光客がロケ地の久慈市(ドラマ中では北三陸市)を訪れたとか、現地はもうすでに『あまちゃん』ブームになっているのです!あの『ウニ弁当』も『まめぶ汁』も即完売だろうな(感涙!)。

それにつけても気になるのはドラマ中の方言のこと。僕の地元は久慈市から数十キロ離れているので方言も多少異なるでしょうが、三陸ネイチィブスピーカーの僕から言わせれば、出演者の必死の努力は認めますが、相当違います。聞いていて、たまらず言い直してあげたりします。
でも三陸地方の訛りはきついので、本気でなまったら視聴者は内容の50%は分からないでしょう、あの独特の子音と抑揚は相当癖がありますから。まあ、とりあえずドラマだからと割り切って聞くようにしています。
 
不思議なものです、僕が横浜に出てきたばかりの20代の頃は自分の方言を気にしていたものでしたが、こうして毎朝それらしき方言を聞くとは、嬉しいような恥ずかしいような(微妙!)。
ところで本当に久慈市では『じぇじぇ』というのでしょうか?僕の地元では言いませんが、でも流行りそうな予感がします。

images.jpg

第二に脚本が愉快で展開が早い点、そして一本一本の内容が充実している点、なるほどこれがクドカンワールド(宮藤官九郎)なのですね、じっくり見ているとドラマの随所に笑いを取る細かい仕掛けがあるようです。また1980年代のアイドルの映像が流れるなど昭和ノスタルジーのテイストもいいですね。そこが一日に複数回見てしまう理由でもあります。また三陸鉄道(ドラマでは北鉄)、海女、鉄道オタク、南部潜りと、次々に考えもつかない組み合わせが登場して毎回わくわくしています。

ネットにアップされた動画がヒロインのブレイクのきっかけになる点、同時にオタクがこれほど社会的影響力を持っている点にも時代を強く感じさせます。

そうそう、この前の『南部ダイバーの歌』は最高!!
種市高校に『潜水土木科』という珍しい科があるのは知っていましたが、『南部ダイバーの歌』というのも実在するって驚きでした(じぇじぇ!)、一度きちんと聞いてみたいものです。

このように今回はクドカンワールド全開です。しかし展開がハイペースすぎて、息切れして、意外と平凡な物語に落ちはしないか、あるいは奇抜すぎて視聴者が『ドン引き』になりはしないかと心配もしています。

ついでに、知らない方も多いと思いますが、岩手県久慈市はウニを採る海女よりも琥珀(こはく)の世界有数の産地として有名です。ちなみに琥珀の中には希に古代の虫が混入していることがあってその方が高値であるとのこと。ほら映画のジュラッシックパークでは琥珀の中の蚊から恐竜のDNAを取り出して培養するって話だったでしょ、有りそうな話ですよね。このように琥珀には古代からのタイムカプセル的な神秘の魅力があるのです。琥珀みたいに暖かいけどどこか地味、ドラマでは誰にも相手にされていない『琥珀おじさん』もドカンと前面にでてくるウルトラC的な筋書きが用意されているのかもしれませんよ。

最後になりましたが、あまちゃんこと能年玲奈が理屈抜きにかわいいのも魅力です。演技に迷いがないところが清々しいです。いまごろは私生活でも訛っているだろうな。

あまちゃん2.jpg

インプラント・矯正歯科のご相談は…
入江歯科クリニックホームページ:http://www.irieshika.com/
posted by S.Shimizu at 20:59| 院長ブログ

2013年01月05日

#27 紅白歌合戦 言いたい放題

新年あけましておめでとうございます

平成25年を迎えて入江歯科クリニックは開業23年目に入ります。この一年間も日々の歯科診療を大切に確実に安全に行っていく決意を新たにしたところであります。今年もよろしくお願いいたします。

IMG_0145.JPG

さて紅白歌合戦ですが、かつて強力な裏番組(K−1などのド派手な格闘技系スペシャルもの)に押されて、その威光がすっかり薄れ気味だったものの、最近また盛り返してきた感があります。その背景には、長引く不況、震災、福島の原発事故などを経験してきて、平穏な日々の暮らしの中での幸せの象徴として、一家団欒で紅白を観る,ということが見直されてきたのではないでしょうか。

そんな紅白歌合戦を勝手気ままに批評してみました。題して『紅白歌合戦、言いたい放題!』

まず、紅白を観るたび出場歌手の名前の多様性に愕然としてしまいます。
かつてコブクロが売れ始めたころ小渕に黒田でコブクロか!という納得できるような安心感があったものですが、最近は由来はおろか、読み方さえも分からない名前が増えつつあります。
真っ先に目についたのですがAAAって何がトリプルエーなの?日本の将来の格付けに一抹の不安を感じてしまいます。
また、振り返ればAKB48やらSKなんとか、まるで暗号のような軍団の名前をよく耳にした一年でしたが、AKBはレコード大賞も受賞して我が世の春を満喫している様子。今後モーニング娘のようにメンバーの入れ替えが激しくなるのでしょうか?
また一回聞いたくらいで暗唱できない きゃりーぱみゅなんとか、司会者も大変だーと話題になっていましたが,結局うまく言えたのかどうか覚えていません。一方、白塗りの顔で飛び跳ねながら歌う、ゴールデンボンバーですか? エアーという感覚が僕には納得できませんが、観客との一体感がいいのでしょうね。

XEpRpdQTKZODsPJ_ayHYr_28.jpg

その他、Misiaはアフリカの砂漠からの生放送。気温50度とか、いやー、何もあんな場所で歌わなくてもいいのにと思いつつも映像はすばらしくて、中継技術の発展には度肝を抜かれるばかりです。

平清盛は?いくら視聴率が低迷したとは言え、大河ドラマの主役を審査員で招待しないのはなぜ? 松山ケンイチが かわいそう過ぎませんかね。
(平清盛:個人的には毎回欠かさず観ていたし内容も良かったと思うのだが)

福山雅治のときに、旬な歌舞伎の二人をして空中を飛ばすとは。他局にはまねのできないNHKの底力でしょう。流石です。

杉ちゃんって、どこか素人っぽくて、あんなに滑っているのにどうして売れたのか、さっぱり分かりません。しかし紅白のギャグとはその年に流行ったものを無理矢理にねじ込んでくるため、昔から大いに滑っていた気がします。その点では杉ちゃんのギャグも紅白らしい滑りと言えましょう。

ファンキーモンキーベイビーズ、本当に解散でしょうか? 最近ランニングのときに聴いていたので残念です。彼らの一生懸命に何かを伝えようとする熱唱ぶりが大好きでした。

20130101-00000022-dal-000-6-view.jpg

解散と言えば、プリンセスプリンセスは印象深いものがありました。略してプリプリと呼ばれた彼女たちのことを若い世代では知らない人もいるかもしれませんが、ガールズロックバンドの草分け的存在でした。解散して16年が経ち、いまや何処から観ても40代後半の普通のおばちゃん。
それが震災復興支援のために、一生懸命練習して一年間限定の再結成をしたというのも、その最後の締めくくりのステージが紅白歌合戦だったというのも、これまた最高に『ロック』な話ではありませんか。近い世代としてもプリプリに敬意を表したいと思います。

以上 『紅白歌合戦、言いたい放題!』でした。
今年も院長のブログをよろしくお願いいたします。


インプラント・矯正歯科のご相談は…
入江歯科クリニックホームページ:http://www.irieshika.com/
posted by S.Shimizu at 07:25| 院長ブログ

2012年11月03日

#26 食い倒れの街での学会で

食い倒れの街での学会で今年のインプラント学会は残暑厳しい9月の後半、大阪国際会議場で開催されました。今年はポスター発表を行う予定だったので、 用事が多くて大阪になんと4泊してしまいました。大阪入りしていつも最初に感じるのは、街に活気があってにぎやかなこと、そして何よりもエスカレーターでの違和感です。誰が決めた訳でもなく関東では左側に立って、急ぎの人は右側を追い越して行くのですが,大阪は逆。ついつい左側に立っていると自分だけその場で異物になって浮いているのが分かります。不思議ですね、一体全体、大阪と東京の間でどの辺りから立つ位置が逆になるのでしょうか? 誰か教えてください。

IMG_0532.JPG

学会場は大盛況。今年になってインプラントを巡るごく一部のトラブルが過大報道されたりして、インプラントは大丈夫なのか?と疑問視されていましたが、そんな暗い雰囲気を微塵も感じさせないような熱気にあふれていました。学会においても、インプラントをいかに安全に行うかは最重要なテーマとなっていて、徹底した教育がなされています。

学会は最新の情報を得る絶好の機会です。日常の診療を離れて、学生の頃のように講演に耳を傾けるのは実に新鮮な思いがします。50を過ぎた今の方が学生時代よりも遥かに真剣に聞いています。モチベーションの違いなのでしょうね、学生の頃は起きている振りをして居眠りするのに苦心したものです。
今にして高い学費を工面してくれた親のことを思えば、全く持って親不孝なことをしていました。タイムマシーンであのころに戻れたら蹴っ飛ばしてやりたいと思います。

さて大阪と言えば、お好み焼きと串揚げは欠かせません。

今回は時間に余裕があったので毎晩のように好み焼きを食べていました。
至る所にお好み焼き屋が有るのはさすが本場です。やはりソースの味が違いますね、とてもおいしい!こうしてみると関東のソースは甘すぎるのかもしれません。お店の中の雰囲気もにぎやかで大阪の人は本当にお好み焼きを愛しているのだと思いました。

IMG_0536.JPG IMG_0558.jpg

串揚げは 道頓堀の『だるま』に行ってきました。狭い席に仲間6人とぎゅうぎゅうに詰めて座らされて、この店で大丈夫だったのかなと不安になりましたが、出てきた串上げが最高! タレに浸すと一瞬でタレを十分に吸い込むほどカラッと揚がっています(もちろんタレの二度漬けは御法度)。量が多くてしかも安い! 食べ終わって店を出ると入店待ちの長蛇の列ができていました。満腹感にひたりつつ人混みをかき分けるように歩けば、誰もかもが何かを食べている風景が目に入ります、『食い倒れの街』とはこのことでしょうか。そして有名な道頓堀のグリコのネオンサインを目の前にして大阪に来ている実感が一気にわいてきました。大阪最高!

IMG_0554.JPG

インプラント・矯正歯科のご相談は…
入江歯科クリニックホームページ:http://www.irieshika.com/
posted by S.Shimizu at 21:32| 院長ブログ