2012年08月03日

#25 ダイエット大作戦

やせよう!やせなくては!と心に誓ったのは数年前のこと。きっかけは40歳を過ぎてから年々増えるウエストのサイズに恐怖感を覚えたからです。お腹ポッコリ、おしりポッチャリになるとデニム姿が様になりません、鏡に映る己の姿にガマの油売りのガマ蛙ように汗がたらり、たらり。ついには患者さんからも『先生も太ったわね』と言われるようになりまして。

さてどうやって体重を落とすのか? 大学を卒業した頃は体重が55キロ程度でウエストはたったの70cm!デパートでズボンを探すのに苦労するくらいのガリガリでした。なので、太ろうと悩んだことはあっても痩せようなんて考えたことも有りませんでした。さあダイエット大作戦の始まりです。

IMG_3021.JPG

太った原因を考えてみました。夜遅く帰宅してからしっかり夕食を食べていたこと、日頃カロリーを考えずに食べたい物を食べたいときにガンガンたべたいたこと。運動不足であったこと。要するにカロリーの過剰摂取と消費不足、その差が脂肪になった訳で、その辺りをなんとかすれば解決することですが簡単なことではありません。

最初に試したのはキャベツダイエット、これは夕食の前に茹でたキャベツをどんぶり一杯食べるという方法。これは茹でキャベツの味にすぐ飽きてしまって1週間も続きませんでした(まるで昆虫になった気がした)。
次は一食分をダイエットプロテインに置き換えるという方法でしたが、『こんな宇宙食みたいなもので生きていけるか!』と感情的になって即挫折。
そして炭水化物カットするダイエット!短期的には減量効果が高いのですが、リバウンドがひどく、ひどい便秘にもなってすぐに断念しました。
その次が帰宅後の夜間のランニングでカロリーを消費しようと言う作戦でした。これは一時的には効果がありましたが、空腹感も強くなる為、食事量が増えることがあってプラスマイナス0って感じでしたね。

紆余曲折して思ったのは、一気に痩せようと言うのは無理ということ。必ずリバウンド時期がきて以前よりも体重が増えてしまうからです。そこで、基本に戻って作戦を練り直しました。コンセプトは『じっくり痩せよう』です。
@毎日決まった時間に体重計に乗ること
A外食は可能な限りやめて家からお弁当を持ってくること
B夕食は早い時間に食べるか、遅くなったときはシリアルで済ませること
C週2回はメガロス神奈川(近所のスポーツジム)に行く

この4項目を守るようにしたのです(できるだけですが)。つまり体重計に乗ることでモチベーションを維持しつつ、外食の脂肪分と縁を切り、夕食を早目に済ませることで血糖値が上昇したまま就寝しないことになり、さらに筋トレで基礎代謝を上昇させ消費エネルギー増加を図ること。(こんな風に書くとかっこいい!)
特に体重計に乗るのは必須ですね、必ず毎日乗りましょう。暴飲暴食の最大の抑止力になりますから。よく食事の内容をメモするだけで痩せるというのを聞きますが、それは食事内容を書き出すこと自体が神様に懺悔するようなもので、それもつまりは抑止力になるから有効な方法なのでしょう。

また、意外と思われるのは遅い夕食にシリアルを食べるということでしょうか。『夕食にシリアルかよ〜』と哀れむような声を出しているあなた、シリアルを馬鹿にしてはいけません。シリアルは食物繊維満載の栄養食品であることと、そして何よりも適度な噛みごたえがあって満足できることがメリットと思っています。ダイエットは一定の満足感がないと続きません。そして昔と違って今はシリアルの種類が豊富です。ぼくは平均3、4種類をブレンドして食べています。

IMG_0363.JPG

IMG_0368.JPG

それで実際どのくらい効果があったのかというと、ダイエットを決心した数年前が体重のピークでしたからそれから6〜7Kg減です。ま、年間2Kg程度の『なんとなく痩せてきた?』というペースですかね。しかしメガロス神奈川にも真面目に行っているので筋肉がついた分は比重が重くなっているので恐らく数字以上のダイエット効果であったろうと、ひいき目に評価している次第です。体調も絶好調で病気をしにくくなった気がします。

とにかくダイエットは継続が基本、ゆっくりでもリバウンドなしで続けられればそれでいいと思っています。



インプラント・矯正歯科のご相談は…
入江歯科クリニックホームページ:http://www.irieshika.com/
posted by S.Shimizu at 21:25| 院長ブログ

2012年05月30日

#24 タラの芽の天ぷら

すっかりご無沙汰をしてしまいました。まとまった文章を書こうと力んでしまうと筆が進まない物です、これからは少し気楽にブログを書いていくことにしました。

IMG_0262.JPG
 
さて今年のゴールデンウイーク(GW)は異例の雨続きで残念でした。僕はその雨とともに東北新幹線で北上し、豪雨の田舎で4日間のスローライフを味わってきました。別にスローライフなどと格好を付けた言い方は必要ないのかもしれません。震災でJR線路が破壊され運休状態、バスも一時間に一本で、スタバすら存在しない田舎では、この上雨でも降ろうものなら、冗談抜きに過ぎ去る時間が3倍スローに感じられますから。

桜も散ったばかりのこの季節の楽しみは山菜でしょうか。ワラビ、コゴミ、ゼンマイなど、山から採ってきたものが食卓にのぼるのです。3軒の親戚に挨拶回りにいくたびに山菜料理とビールを振る舞っていただきました。そう、スローライフにビールは欠かせません。

IMG_0293.JPG

今年は親戚から採れたてのタラの芽を分けてもらいました。これは絶対に天ぷらが最高!というその親戚。でもわが家には誰が天ぷらを揚げるの?という問題が。高齢で寝ている時間の方が長い母親に、天ぷらを揚げてくれとは言えないし、とても危ないし。結局、母の指導の元に僕がタラの芽の天ぷらに挑戦しました。まあ昭和の天ぷら粉を使えば何とかなるものですが、温度調節もいい加減で、揚がり方も無茶苦茶でした。でもね『素材がいい』とはこういうときの言葉なのですね、これがまた美味しい!口の中に春がやってきた、そんな感じ。柔らかくて香ばしく、ほんのりと甘みもあって、ちょっと形容の仕様がない美味しさでした。母親もこれで寿命がさらに延びたことでしょう。

IMG_0295.JPG

この夜の食卓には旬の大きめの『アサリのみそ汁』、魚采市場から買ってきた新鮮な『イカ刺し』も加わって、それはもう田舎の旬のお好み定食!いま考えてみるとこれは相当な贅沢でした。


さて横浜に帰る日、前日のタラの芽の天ぷらの興奮冷めやらぬ僕は、横浜で僕の帰りを待つ妻子にもこの驚きの味を堪能してほしいと思いまして、魚采市場に駆け込み、行商のおばあさんからタラの芽2パックを買い求めて帰路につきました。探せば横浜でもタラの芽を売っていることでしょうが、『現地採れたて』でなければあの味にならないと思いました。こういうこだわりが僕はとても好きなのです。

もちろん連夜のタラの芽の天ぷらが、すばらしいお土産になったことは言うまでもありません。


インプラント・矯正歯科のご相談は…
入江歯科クリニックホームページ:http://www.irieshika.com/
posted by S.Shimizu at 17:52| 院長ブログ

2011年12月24日

#23 水木しげるロードというところ

境港市にある水木しげるロード、年間370万人が訪れるという観光名所であります。申し上げるまでもなく、水木しげると言えばゲゲの鬼太郎をはじめとする妖怪のラインアップが有名ですが、この商店街では水木氏がここ境港市の出身であったのを縁としています。

IMG_3209.JPG

平成5年、23体の妖怪ブロンズ像を商店街に設置して水木しげるロードがオープンしました。平成5年か、思ったよりも以前から存在していたのですね。シャッター街だった商店街の起死回生の街おこし事業、アニメキャラでこけたら後がない、地域の命運を賭けた大仕事だったはずです。しかし心ない者によってこれらの像が盗まれたり壊されたりする事件が発生してしまいました。どこにでもこのような不届き者がいるもので、街おこしに賭けた商店街の人々がどれほど情けない思いをしたことかお察しいたします。ところがこの事件が全国に報道されることで水木しげるロードの知名度がアップするきっかけになったとか!世の中何が幸いするか分からないものですね。

入場者数に注目すると、初年度は2万人程度だったが、平成9年には18万人、平成17年には50万人。そして映画『妖怪大戦争』やNHK連ドラ『ゲゲの女房』などが大ヒットしたことが更なる追い風になって平成22年には370万人まで達するという、まさに超右肩上がりの入場者数を記録していったのです。ブロンズ像も徐々に増えて今は139体! これは像一体100万円のスポンサーを募った結果だったというから驚きです。妖怪様々ですね。

このように水木しげるロードは街おこしの成功例として全国から注目されているのですが、成功の要因を分析してみると(あくまで清水の私見ですが)。
昔からTVアニメで『ゲゲの鬼太郎』を繰り返し放映していて、鬼太郎やネズミ男,ねこ娘などは国民的な人気がある。この幅広い年齢層に受ける対象を街おこしのキャラに決めたというのが成功のポイントの一つ、そして商店街全体が照れることなく全力でキャラに徹したというのが二つ目のポイントであろう、どこもかしこも妖怪一色、とにかく妖怪に関するありとあらゆる物が集まっています。正直ここまでやるか!と思わせます。

IMG_3208.jpg

個人的にはネズミ男が面白いと思っています。いい加減を絵に描いたような奴で、鬼太郎や目玉親父をいつ何時裏切っても不思議でないような不審な挙動をとるが、悪に徹し切ることができず最後の最後は必死に許しを請う、その情けなさが笑えます。

彼の名前ついた面白いお土産を買いました。むかし奈良の『シカの糞』というのも聞いたことがありますが、似たような発想経路だったのでしょうね。
しかし、こう見えても国産の黒豆を使った甘さ控えめの大人の味です。皆さんも水木しげるロードに行ったらこれ買ってください、馬鹿受け間違いありませんよ。

IMG_3213.JPG

インプラント・矯正歯科のご相談は…
入江歯科クリニックホームページ:http://www.irieshika.com/
posted by S.Shimizu at 17:34| 院長ブログ